創立1891年(明治24) 年

教会の歴史

  • HOME »
  • 教会の歴史
福井神明教会について

世界的にみれば、東方教会(ギリシア正教やロシア正教など)に対して西方教会に所属します。同じ西方教会のローマカトリック教会から分かれた正統的な福音主義(プロテスタント)で、メソジスト教会の伝統に立っています。
幼児教育を重んじることもメソジストの伝統です。
日本キリスト教団は、1941年に国内の教会30余りが合同して成立した日本で最大のプロテスタント教会です。現在、国内に約1700の教会があり、20万人以上の信徒がいます。また、青山学院、関西学院、神戸女学院、同志社、東京神学大学、北陸学院など、多くの学校と深いつながりがあります。

「エホバの証人(ものみの塔)」や、「末日聖徒キリスト教会(モルモン教会)」、「世界統一神霊協会(統一教会、原理運動)」などとは関係がありません。

沿革

1891(明治24)年

カナダ・メソジスト教会、福井伝道を開始
ダニエル R.マッケンジー宣教師来福
日本メソジスト福井講義所開設(初代牧師:飯塚恒太郎)

1906(明治39)年
日本メソジスト福井教会になる

1908(明治41)年
栄冠幼稚園開設

1941(昭和16)年
日本基督教団福井神明教会に改称

1991(平成3)年
創立100周年

2015(平成27)年
佐藤誠司牧師着任(24代)

2016(平成28)年
創立125周年

 

古看板

PAGETOP
Copyright © 日本キリスト教団 福井神明教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.